winmail.datが開けなくて困ったらWinmail Openerを使おう

パソコンの困った

私は、ThunderbirdとGmailのメールソフトを使っているのですが、たまに添付ファイルがwinmail.datという形式になってしまう事があります。

ほんとうにたまになのですが、何かと不便なのでどうにかできないか格闘したところ、Winmail Openerというフリーソフトを使うことで解決できたので備忘録的にここに書いておこうと思います。

なお、解決後にもっと良い方法を見つけました。ソフトをインストールしなくても使えるのでこちらの方がオススメです。

同じように困っている誰かの助けになれば幸いです。

Winmail Openerの使い方

事前準備として、開けないwinmail.datファイルをパソコンにダウンロードしておきましょう。

①Winmail Openerをダウンロードします。

こちらのリンクのココからダウンロードできます!

Download free software - Registry Jumper, Flash Movie Player, Winmail Opener
Download freeware software from Eolsoft

その後、コチラを左クリックするとダウンロードできます。

ダウンロード後、ファイルをインストールします。

②アイコンをダブルクリックすると、起動します。

すると、このような画面が出てきます。

③赤丸をクリックして、事前準備でダウンロードしたdatファイルを開きます。

すると、このように開くことが出来ます。今回のファイルはPDFファイルでした。

 

Winmail Openerをインストールしないで見る方法

色々なソフトをインストールしたくない人もいるかと思います。

そんな方は↓のリンク先でwinmail.datを開く事が出来ます。

winmail.dat変換ツール(インストール不要)
>winmail.dat の中身を開く・見ることができるように変換するツールです。インストール不要でmacでもwinでも関係なく利用できます。

一度、datファイルをパソコンにダウンロードし、↑のサイトで変換するだけです。

私は、Winmail Openerを使って解決できた後にこのサイトの存在を知りましたが、インストールが無い分こっちのほうが良かったかもしれません。

実際に使ってみましたが、問題なく開くことが出来ました。むしろ、こちらの方が簡単なのでオススメです!

 

datファイルは受信側に原因がある場合もあるようです

なんとかdatファイルを開けないかと色々調べたところ、datファイルは受信側の環境に原因がある場合もあるようです。

送信側に、再度ファイル形式を変えて送ってもらったとしても、またdatファイルとして受信されます。つまり、メールソフト上でwinmail.datファイルとして表示されてしまうということです。

こうなってくると、送信側に何かを改善してもらったとしてもこちらからはdatファイルとしてしか表示されないので、送信側には解決の仕様がないんですよね。

今回、Winmail Openerで解決するまで何度も送りなおさせてしまい、先方には大変申し訳ない思いをさせてしまいました。

 

私の環境は、以下のものになります。

レンタルサーバー:さくらインターネット

PC上のメールソフト:Thunderbird

スマホのメールソフト:Gmail 、 mail.ru

この中で、ちゃんと添付ファイルが見られたのは mail.ru だけで、他は全てwinmail.datファイルとして表示されてました。さくらサーバーのメールソフト上でもdatファイルでした。

どこかで調べたらGmailならちゃんと見られると書いてありましたが、見事にwinmail.datで表示されてました。

ちなみに、IMAP形式で受信しているので、どの端末でも同じように見る事が出来る環境です。

なので、datファイルとして送信されたものを、datファイルとして受信しているのではなく、受信側の環境でdatファイルになってしまっている可能性がある事が分かりました。

どちらにしても、winmail.datで困ったらhttp://winmaildat.net/ こちらのサイト上でダウンロードしたファイルを開けばバッチリ解決しますよ!

 

同じようにお困りの方の御力になれれば幸いです。

 1,802 total views,  6 views today

コメント

タイトルとURLをコピーしました